よくある誤解は、盆栽に使用される植物は、遺伝的に「矮小化」された植物であるということです。盆栽は普通に繁殖された植物ですが、ときに高度な技術を用いて大きさを維持しています。盆栽の成形は、定期的な剪定や針金掛けなどの基本的な方法、さらにはジン、シャリ彫刻など、様々な高度な技術を含みます。

素材から盆栽を生育する

盆栽の成形

このウェブサイトは、盆栽の維持や成形に関する詳細情報を紹介しています。 この維持や成形に関わる最も重要な技術は、剪定と針金掛けです。

盆栽の成形でもっとも大切なのは、基本的な剪定です。剪定には二種あり、盆栽の基本形を決定するための大幅な剪定と、形状を維持するためのメンテナンス的な剪定がそれにあたります。

もっと見る

針金かけは盆栽を成形するうえで重要な作業です。枝に針金を巻きつけることによって、枝を曲げたり、枝の位置を変えたりすることができます。枝が新しい場所で固定されるまでに数か月はかかり、針金は状況に応じて外していく必要があります。

もっと見る

サブカテゴリ

上級向け盆栽成形テクニック

このセクションに含まれるトピックは、葉刈り、シャリ彫刻、根張りや幹に対する作業、更に寄せ植えや石付きの作成などです。では始めましょう。

もっと見る
ログイン 会員登録