盆栽は、園芸の技術とアジアの美学を兼ね備えた、独特な方法で作られる魅力的な芸術です。中国で誕生し、日本人によって、盆栽の木として私たちが知っている現在の姿が作られました。

盆栽の概論

盆栽の起源

盆栽とは何かを理解するには、私達は多くの歴史などを学ぶ必要があります。2000年以上前、中国で風景のミニチュアとも言える作品が作られ始めました。さらには、オリジナルサイズによる風景の再現まで行われはじめ、それはまるで魔法のような、実際の景色を見るような説得力を持つものでした。ある学者はその魔法の特性に焦点を当て、その特性に迫ろうと試みたほどです。鎌倉時代(700年前)に日本がその芸術形式を取り入れ、独自のものを生み出しました。それは全体の景観を、樹木の成長によって表現するもので、それは今日私たちが知る盆栽の基本となるものでした。

「盆栽」は、日本語では「鉢植えの樹木」を意味します。千年以上前から存在するこの芸術は、一部は古代中国の園芸に由来しますが、その後、日本の禅仏教の影響を受けて再開発されました。

もっと見る

「盆栽」は日本語ですが、まず、中国においての起源について説明していきましょう。紀元後700年の中国は「pun-sai」という、小さな器に小さな木を特別な技術を用いて育てる芸術を生み出しました。

もっと見る

長年にわたり盆栽は樹形ごとに分類されてきました。樹形の分類は自然界での樹木の状況と密接に関係しています。
盆栽の樹形は、自由な個人的解釈に基づいて創造され、必ずしも任意の形状にとらわれる必要はありません。

もっと見る

サブカテゴリ

その他関連事項

水石、生け花、錦鯉、日本庭園、陶磁器など、日本や中国の芸術や文化は、盆栽にも深く関係しています。 以下に、それらの関連芸術について述べていきます。

もっと見る
ログイン 会員登録
Cron Job Starts