水石(石鑑賞)、いけばな(生け花)、錦鯉(鯉魚)、日本の園芸や陶器など、多くの日本の伝統が盆栽にも関連しています。

インスピレーションの樹

水石、生け花、錦鯉、日本庭園、陶磁器など、日本や中国の芸術や文化は、盆栽にも深く関係しています。

以下に、それらの関連芸術について述べていきます。

生け花とは、その生けた姿が自然と人間性を生み出す日本の芸術です。生け花にとって、花の形、色、種類、季節感などは非常に重要です。しかし、西洋のフラワーアレンジメントの習慣とは異なり、重点は花だけでなく、茎や葉の上にも置かれます。

もっと見る

水石は石を鑑賞する、日本の芸術です。時間の経過とともに風や水によって浸食されるなどして作られた石は、自然の営みを私たちに見せてくれます。

もっと見る

庭園は、通常は建築物の周囲にレイアウトされており、建築物である家屋や寺院、茶室などは、通常、ふすまや障子で仕切られただけのものです。

もっと見る

盆栽には、伝統的には、盆栽の樹、掛け軸と添え物の植物からなる、床飾にすることがよくあります。掛け軸や草物の追加は、盆栽そのものの美しさを強調したり、それぞれの調和を楽しむために用いられます。

もっと見る

ログイン 会員登録