鉢以外にも、重要ないくつかの視覚的要素があります。 土の表面を苔で覆うことはその一つで、展示会で盆栽を展示するときは非常に一般的です。

美的要素とは別に苔の実用的な面は、昆虫を捜し土を掘ろうとする鳥や乾燥から土を保護することができます。 日本では何世紀にもわたって有名な日本庭園で苔を使用し、さらには「苔の庭園」なども存在しています。 しかし問題はどのようにして土の表面を美しい苔、シダ、地衣類で覆うのでしょう? 2つのテクニックがありますが、それらについては後で説明します。

 

 

盆栽の苔やシダの採集

まず一つの方法としては、苔やシダを集めて、盆栽に貼ることです。 苔はさまざまな場所で見つけることができますが、場所によって盆栽に適した種類を採取することができます。 苔の成長は表面を非常に緩やかで急に成長することはありません。 したがって盆栽の成長と相反することはありません。

それでは、盆栽に適した種類の苔をどこで見つけるのがよいでしょう? 盆栽の置き場所に似た環境に生えている苔を採取するのがよいでしょう。例えばこれは日当たりの良い場所を意味します。 屋上、歩道や、樹の樹皮などに生える苔などを試してみてください。さまざまな種類の苔を貼ることでさらに魅力が増すことでしょう。

パテナイフなどを使って苔を集め、比較的大きな面積を採取してみてください。 乾かないように保湿し、盆栽の土の表面に貼ってみてください。 土の表面は、栄養分が豊富で保水性の土(鉢植え用土)に薄く貼ります。

 

盆栽のための苔栽培

苔を集めてあなたの盆栽にそれを貼る代わりに、自分で栽培することもできます。 この方法の良い点は、異なる種類の苔を容易に組み合わせることができ、より魅力的な効果を得られるということです。

上で説明したように、日当たりの良い場所から苔を採取します。なるべく 異なる種を集めるようにしてください。 次に、苔を天日で乾かしてください。そうすれば、非常に細かい粉状に砕くことができます。 この状態にすることで盆栽の表土に振りかける準備ができました。 それを湿った状態に保ち(できれば毎日霧を吹きかけることで)、数週間以内に苔が成長しはじめることが確認できるでしょう。

同様に、あなたは平らな容器の中で苔を育てることができますので必要に応じて使うことができます。

 

 

苔を貼った盆栽の実例

 

苔を貼った盆栽

苔を貼った盆栽

 

苔を貼った盆栽 

 

苔