もともと、日本と中国から来たこの樹種は、ヨーロッパとアメリカの"elm"属である"Ulmus"属に関係しています。 ケヤキは実際には"Ulms"(中国ニレ、the Chinese elm)と非常に似ていますが、"Ulms"には葉の周囲のギザギザが2段階ありますが、ケヤキは1段階です。 その葉は卵形で、鋸葉で葉先が尖っています。

 

日本のケヤキ の盆栽ケアガイド

置き場: 屋外に置く場合は、屋内の状況に慣れていても(園芸店などで購入されることが多い)、厳冬期には屋内で保護する必要もあります。 しかし、屋外に置いておく場合は、何らかの方法で樹を寒風や低温から守ることをお勧めします。 日照の良い場所で管理しますが、直射日光に限りません。

水やり: 定期的な水やりをします。

施肥: 春から秋にかけて毎月1〜2回置きます。

剪定: まずは3節以上を伸ばし、その後葉を1枚(1節)もしくは2枚(2節)残して切り戻します。 大葉ケヤキは、夏期の葉刈りが効果的です。

植え替え: 2年に1回が基本ですが、古い樹の場合はそれより期間を開けます。通常の盆栽混合用土で植え替えます。

繁殖: 播種、または挿し木で殖やします。

 

 

日本のケヤキの盆栽

日本のケヤキの盆栽