日本は世界で最も美しい盆栽のある場所で、少なくとも一生に一度は訪れたい場所です。盆栽の質と量、日本庭園や他の文化遺産は、まさに圧倒的です。

日本の盆栽庭園

おすすめの場所

関東エリアが最も有名な日本の盆栽園集合地である一方、京都の日本庭園や文化遺産も印象的なものです。個人的な感想としては、鈴木伸二氏、木村正彦氏の園と、大宮盆栽村がトップ3です。優れた京都の庭園もとても良い訪問地だと思います。時間が許せば、鬼無盆栽村も訪れてください。四国アルプスの素晴らしい風景を楽しむこともできますし、食べ物も非常においしい土地ではないかと思います。概要については、本サイトの盆栽動画をチェックしてください。

 

訪れる時期

盆栽を楽しむのに一番良い時期は2月初旬からでしょう。最も有名な盆栽展である国風展が2月に開催されるため、春や秋ほど旅に向いた時期ではないものの、訪れる価値はあります。春であれば、大阪で開催される小品盆栽の展示会である春雅展がよいでしょう。ちょうど桜が美しい季節でもあります。秋ならば、東京で開催させる小品展示会の秋雅展や京都で行われる大観展がおすすめです。その他に、1月初頭に京都で開催される雅風展や、栃木で開催されるさつき展の宝樹展などがあります。

 

 

日本の盆栽の観光スポット

日本の主な盆栽の観光スポットは、大宮と高松(鬼無)の、木村氏や鈴木氏の盆栽園でしょう。大阪では藤川光華園、京都では小品盆栽の広樹園、東京では小林邦夫氏の春花園盆栽博物館などがあります。

日本庭園

日本の三大庭園は偕楽園(水戸)、兼六園(金沢)と後楽園(岡山)です。京都では銀閣寺、建仁寺を含む多くの見事な庭園がみられます。大仙院、高桐院、龍源院、金閣寺、龍安寺、仁和寺なども美しい庭園です。その他、日本で有名な庭園は、高松市の栗林公園です。鬼無盆栽村を訪問した際には是非足をのばしたい場所です。

 

記事リスト

大宮は古くから、海外の盆栽愛好家のあこがれの地でもありました。

もっと見る

盆栽美術館-大観は鈴木伸二氏の所有によるもので、大変に素晴らしい場所です。私たちの感想では、盆栽は手入れが行き届き、美しく展示され、日本の盆栽庭園の中で最高の庭園の一つと言えるでしょう。

もっと見る

木村氏の作品は、日本で最も有名で重要な現代盆栽の一つです。彼の盆栽への新しいアプローチは、当初は多くの伝統を破るものと見られていましたが、やがて彼の盆栽は広く認識されました。

もっと見る

春花園は、小林國雄(内閣総理大臣賞3度受賞)によって設立された盆栽園と美術館です。庭の素晴らしさは一見の価値ありです。

もっと見る

藤川光華園は、大阪の池田市郊外に位置しています。1950年の開園以来、国風盆栽展に多くの樹を出品しています。

もっと見る

あまり有名ではないのですが、実は大宮とならぶ大変美しく広大な盆栽村です。

もっと見る

苔聖園は小品サイズの盆栽が有名です。場所は静岡の富士山の麓に位置します。

もっと見る

京都市にある広樹園には見事な松柏や雑木の小品盆栽が数多く揃っています。

もっと見る

ログイン 会員登録
Cron Job Starts